幾原先生の新しい作品をご紹介します【編み物/手芸教室】

2017年4月21日

ボーダーメッシュのフレンチプル1

今回は、当店で編み物教室(詳細はこちら)を開催していただいております、幾原幸子先生の新しい作品をご紹介します。
これからの季節にぴったりの軽やかな装いです。

左のニットは「ボーダーメッシュのフレンチプル」です。
スキーシャガール5玉、スキーエリーゼ1玉で作られています。当店で材料をお買い上げいただいた方には編み図をプレゼントいたします

幾原先生がモダンな色合わせで編んでくださいました。

暖かくなるこれからの季節、軽やかな編み地で重ね着に重宝する、こんなニットはいかがでしょうか。
インに着るもので印象もガラッと変わるこんなニットがあれば、いろいろな楽しみ方ができそうですね。

白いシャツに重ねて明るめのイメージで着ても素敵ですし、黒やグレーのハイネックを合わせるのもクールでいいですね。
前の丈は短めですが、後ろは丈が長めですので安心ですし、おしゃれです。(左下写真)

この時期ならではのコーデを、めいっぱい満喫できそうな一着ですね。

下の赤い方のニットは「フレンチセーター」です。
スキーアデッサ10玉で作ることができます。編み図は日本ヴォーグ社刊の「すてきな手編み2017春夏」に掲載されています。
幾原先生が赤系で編んでくださいました。

印象的な色で一枚でもカッコよく着られそうなニットです。
ジャケットのインに着たり、襟元をスカーフやストール、ブローチやネックレスなどで飾ったり、カチッとした装いにもしっくりきそうな、品のあるセーターですね。

白やベージュを合わせてシックに着るもよし、黒や紺を合わせて差し色的にシャープに見せるもよし。
スカートでもパンツでも、女性らしいスタイルを演出してくれそうな一着です。


これらの幾原先生の作品は、現在店頭にて展示しております。興味のある方は是非、店頭で実物をご覧ください。
また、材料の毛糸はお好みの色を取り寄せることもできますので、お気軽にお声掛けくださいね。

ボーダーメッシュのフレンチプル2フレンチセーター
Pocket